ニートテックブログ

ニートからITエンジニアになりました。

レールから外れると人生厳しい。6年間ニートして実感したこと。

僕は中学を卒業してから6年ほど、社会のレールから外れてニートをやっていました。

今、その頃を振り返った感想は「レールから外れると本当に厳しい」です。

f:id:neet_pg:20210627152559p:plain

思いがけずレールから外れた

僕は中学を卒業後にニートになりました。 大学に入るまでの6年間は無職引きこもりです。

夢を追いかけるためレールを外れた…ならカッコいいのですが、やる気が出ずに不登校&退学という超ネガティブな外れ方です。

neet-pg.hatenablog.com

そして大学に行くという方法で再びレールに乗りましたが、振り返るとなかなか厳しいものがありました。

実感したこと(1) 空白期間は何だかんだ不利

空白期間、つまり働いていない期間は不利になりやすいです。

僕が会社に入って、ある上司に面接の基準を聞いたことがあります。

その一つに空白期間の有無がありました。 その人の経験上、良かった人は空白期間無しで就職・転職している傾向で、あるとマイナスに感じるとのことでした。

f:id:neet_pg:20210627162825p:plain

もちろん、すべての面接官が空白期間を気にするわけではありませんが、少なくともプラスにはならないでしょう。

僕が面接されたとき、ときどき「なぜニートしていたか」を聞かれました。 今思うと「納得できる答えを用意してるかな?」というのを確認されていたように思います

実感したこと(2) 受験の情報が少ない

僕がニートを始めたとき、将来を良くするため大学へ行こうと考えました。

しかし、とにかく情報がありません。 大学を探すのも自力、勉強をするのも自力です

特に後悔していることは、効率の良い勉強法を知らないまま過ごしてしまったことです。 そのためか、現役〜二浪のときは大学全落ちでした…。

f:id:neet_pg:20210627164828p:plain

もし早めに情報が得られていたら、もっと早く合格できたと思っています。

恐ろしいことに、その頃は”情報が少なくて不利”ということ自体に気づけませんでした。

実感したこと(3) 就職がメチャクチャ不利

大学のとき、就活をするようになり驚いたことがあります。

それは大学は就職の支援がとても手厚いことです。 何もしなくても企業からの会社案内、面談の案内、インターン募集などが届きます。

僕はさらに運がよく、先輩や同期から情報を得られました。 良い企業の探し方、面接の突破テクニック、儲かる就活イベントなどを教えてもらいました。

f:id:neet_pg:20210627165721p:plain

会社に入ってからも同様に、別のレールへの乗換チケットが得られます

中途採用はたいてい実務経験を要求されるので、一度働いたことがないと足切りされてしまいます。 また他社でも通用するようなスキルを習得できるため、未経験よりずっと楽に転職できるしょう。

一方、レールから外れているニートだとこれらの特典が使えなくなります

実感したこと(4) 精神的に追い詰められる

ある意味、一番厄介かもしれないことです。

ニート毎日が夏休みだけど、宿題抱えたままの8月31日が続く様なもの」と言う言葉もあるように、精神的にキツイです。

togetter.com

「なんで何もやってこなかったんだ…」という無駄な後悔に時間を費やすことになります。何もいいことがありません。

さらに悪いことに、無力感も増えます。 努力(勉強)しても結果が出ない→努力しても無意味というループに陥ってしまい、どんどん頑張る気が減ります。

おわりに

ニートのときは「人生厳しいかも?」くらいにしか思いませんでしたが、客観的に見るとメチャクチャ厳しいと思います。

レールに乗っていればたくさんの特典を受けられるものの、ニートはすべて自力でやらざるを得ません。

一度レールから外れた身として、敷かれたレールに乗るって楽なんだなと痛感しています。