ニートテックブログ

ニートからITエンジニアになりました。

ぼっち大学生を回避するために僕がやった3つの作戦

6年のニートの末にようやく大学に合格できました。

ようやく人生逆転できたと思いきや、次は「大学でぼっちを回避するためにはどうしよう」ということに頭を悩ませました。

大学ぼっちの恐怖

ネットで「ぼっちの恐怖」はよく言われてますよね。

  • ・友達ができず、ぼっちになって退学した
  • ・授業に行くのがイヤになって留年した
  • ・就活がうまくいかない

ネットでは「心を強くもてばボッチでも大丈夫!」と書いている記事もありますが、実際はかなりツラいと思います。

僕と同じ学部でぼっちになっている人がチラホラいたのですが、みんないつの間にか大学に来なくなっていました。 僕自身、友達がまったくいない授業を受けたときは、サボりがちになって危うく単位を落とすところでした。

そのため、よほど一人が好きでない限り友達を作ろうと努力をした方がよいでしょう。

僕の作戦

さて、僕が大学に入ったときは三浪していることもあり、まったく友達がいない状況からのスタートでした。

そこで、「3つのぼっち回避作戦」を立てて実行に移すことにしました。

(1) サークルに入る

そもそも、どうやれば友達は作れるのか分かりませんでした。

ただ、サークルに入ればきっと友達は作れるだろうと思い、同じ学部の人が多そうなサークルを探すことにしました。

入学式が終わってすぐの頃、大学の正門付近でさまざまなサークルが勧誘活動をしていたので、わざと声を掛けられてみることにしました。 僕は体育会系にまったく興味がなかったので、主に文化系サークルに見学に行きました。

f:id:neet_pg:20211023171227p:plain

最近だとコロナの影響で勧誘活動や新歓をやっていないということを聞きます。

ですが、大学から配られる冊子などにサークルの説明会の日付が書いてたりするので、とりあえず行ってみましょう。 とにかく新入生は居るだけで歓迎されます。

そして、興味があればとりあえず入部するで大丈夫です。 新入生がサークルを辞めることは日常茶飯事なので、とりあえず入ってみて合わなかったら辞めるくらいで問題ありません。

僕も複数のサークルに入っていましたが、最終的にどんどん辞めていきました。

(2) 授業で話しかける

サークルに入れば友達はできますが、できればサークル外の友達も作りたいところです。 そのため、僕は授業で話しかけることもしました。

しかし、話しかけるのは地味に大変なことです。 いつ話しかけるべきか、何を話しかけるべきか、会話が終わったらどうすべきか…考えたらキリがありません。

f:id:neet_pg:20211023172450p:plain

僕はなるべく自然に話しかけられるよう、この流れをマニュアル化しました。 ただ、このマニュアルに書き始めたら長くなったので、また別の記事で紹介します。

話しかけてすぐに良い友達になれたら楽なのですが、あまり合わない人もいます。 そのため、最初のうちは広く浅く交友関係を持てるほうがよいでしょう。

(3) 演習に参加する

普通の講義で友達を作るのはなかなか骨が折れます。 授業が始まると、先生の話を聞くばかりで誰かとコミュニケーションをする機会があまり多くないためです。

一方で、演習授業はチャンスがあります。 ペアを組んだり、グループを作ったりすることがよくあります。

もし「自由に二人組作って」と言われるとイヤですが、たいていは席が近い人や出席番号順に組まされます。

そしてグループになった人と一緒に課題をしたりするので、仲良くなりやすい授業といえます。

f:id:neet_pg:20211023174132p:plain

演習はキツい授業も多いのですが、その分コミュニケーションをとる機会が多いので、いくつか選択してみることをオススメします。

やらなかったこと

一方で、ネットでオススメされている方法でも僕がやらなかったことがあります。

(1)SNSで友達作り

これはTwitterやLINEで同じ大学の友達を作ろうという話です。

Twitterで「#春から◯◯大学」などのハッシュタグを探せば入学する前の新入生を見つけられるようですが、僕は気乗りしませんでした。

なぜなら、SNSでそういったタグを使っている人と、あまり相性が合わないだろうと感じたのが大きな理由です。

後になって知ったことですが、あのようなタグは冗談で2年生や3年生が書いてることも多々あるので、あまりあてにならないと思います。

(2)新歓コンパに参加する

こちらはただ単に面倒だったというのが大きいです。

付け加えるなら、僕と相性が良さそうな層(非陽キャ)はそれほど新歓コンパに行かないだろうなぁ…と思いました。

さらに、一度きりの新歓コンパに参加するより、何度も顔を合わせる授業やサークルで作るほうが大事です。

おわりに

まったく友達がいなかったということもあり、入学してからしばらくかなり頑張りました。

結論としては良い友達を作るには自分から話しかけることが大事です。

話しかけてくる人も多少いましたが、そのような人は陽キャ率が高く、僕には合わないことが多かったです。

なので、ぼっちを心配している人は頑張って話しかけましょう。 一人友達ができたら別の友だちを紹介されて…のようにどんどん増えるので、まずは最初の一人を頑張るとよいでしょう。