ニートテックブログ

ニートからITエンジニアになりました。

大企業ってなんかつまらなさそうで嫌だ…でも大企業に入社した理由

f:id:neet_pg:20210418182712p:plain

僕が学生のとき、大企業とベンチャーどちらに行くか悩んでいました。 なんとなく、「大企業=安定しているけど業務が面白くない」「ベンチャー=不安定だけどやりがいがある」というイメージがあったためです。

正直、僕はベンチャーが好きなのですが、新卒のときは大企業に入れば間違いないです。

大企業はつまらないんじゃない?

僕が就活をしていたとき、大企業のイメージは悪かったです。

・ 無駄な会議が多い、長い
・ 新しいことができない
・ なにかとスピードが遅い
・ 融通が利かない

まぁ実際あっているのですが、これらが無性に嫌だと感じました。

それよりも、多少キツくてもベンチャーで働く方が良いと僕は考えていました。

僕が就活するときベンチャーを希望していたのですが、僕のいた研究室の教授は大企業派でした。

納得しないまま大企業の道へ

研究室の教授はめちゃくちゃ大企業推しでした。

f:id:neet_pg:20210418184125p:plain

なぜベンチャーがダメか教授に聞いたところ

中小企業(ベンチャー含む)は…
 ・給料が上がらない
 ・社会的信用が低い
 ・不安定

正直なところ、納得できませんでした。 それよりも働きがいを求めてベンチャーへと気持ちが動いていたため、話半分で聞いていました。

しかし、”良い”ベンチャー企業を探すのは至難の業でした。 大企業であればいくらでも情報が出てきますが、ベンチャーの内部を知る方法まったくありません。 「いきなりベンチャーはバクチだな」と思いました。

そして教授がそこまで言うなら…といった感じでメガベンチャーと呼ばれる大企業をメインにし、結果的にIT系の大企業に入りました。

やっぱり大企業つまんない

なんとか就職できたのですが、すぐに違和感がありました。

一番最初に感じたものは必要とされていない感です。 日々こなす仕事は会社にとって大きなインパクトはなく、明日辞めても問題ないんだろうなと感じていました。

また、仕事の量もあまり多くなくサボる時間がどんどんと増えていきました。 正直、暇でした。

f:id:neet_pg:20210829181728p:plain

また、僕はモノ作りが好きなのですが、その機会が少ないのも不満でした。 どんどん新しいものを作るより、既存の事業を壊さないよう保守していくことが重要でした。 そのため、僕にとっては面白みにかける職場でした

ベンチャーは予想以上に不安定

働き始めてから一年経ち、転職を考えはじめました。

ベンチャー企業にいる知り合いに連絡を取ろうとしたところ、衝撃的なことが分かりました。その会社は掲示Webサービスなどを運営していたはずが、すべてのサービスを終了し、ホームページの受託開発を行う会社になっていました

f:id:neet_pg:20210418190240p:plain

別の会社をあたると、チャットアプリの会社が介護アプリの会社になっていたり、そもそも無くなっていたり…

ベンチャーは「不安定」と聞いていましたが、想定を超えていました。 夢を持って入社したとしても、1年後に同じ事業をしている保証はまったくありません。

転職して気づいたこと

結局、僕はその後ベンチャー企業に転職しました。 そのときにいくつか気づきました。

大企業からベンチャーは王道。ベンチャーから大企業はレア

一般的に、中途で大企業に入ることは困難です。

toyokeizai.net

中途を全く採用しない会社もありますし、採用する会社でも”新卒レベル”は採用しません。 中途で大企業に行こうとしても立派な経歴が必要になります。

逆に、ベンチャーは大企業よりずっと楽です。

そのため、最初に大企業へ就職し、その後転職してベンチャーは楽な道です。 一方、ベンチャーから大企業への転職はずっと大変になります

ベンチャーの教育体制はひどい

ベンチャーは本当に人が足りません… 会社の存亡が掛かっているため、新人の教育より製品を作ったり売るほうが大事です。

f:id:neet_pg:20210418194251p:plain

僕が勤めていたところでは、新卒・中途どちらにも研修がなく初日から業務でした。 また、スキルが足りない場合は自力で習得するという方針でした。

とてもタフな人なら新卒でもやれそうですが、僕は新卒で入らなくてよかったと思いました。

おわりに

僕は大企業に新卒入社し、その後ベンチャーへ転職しました。

そのため、大企業に勤める友達は多いのですが、会社に文句を言う人はとても多いです。

一方、ベンチャーは合う合わないがとても激しく、新卒入社するリスクは非常に高いです。 もし「やっぱり大企業の方がいいや」と思っても取り返しがつきません。

というわけで、よほどの事情がない限りとりあえず大企業を志望するのは無難だと思いました。